東条です。

インフォトップの売れ筋ランキングを見ていたら、
結構前にリリースされた「文章自動作成ツール」が、
再び上位にランクインしていました。

それがこちらの

「PSW ver.2(パーフェクトサテライトライター)」

というツールですね。

→http://psw2.info/

名前からもお分かり頂けるように「文章自動作成ツール」なので、
おそらくこの「PSW ver.2」に興味を持つ人、購入する人は、

「自分で文章を作成するのが面倒だと感じている人」

であることはまず間違いありません。

自分で文章を作成する事に面倒臭さを感じない人や、
「自分の力で文章を作成する事」に重要性を感じている人であれば、
文章の作成をツールに任せるような事は絶対にしないからです。

なので、もしかすると、この記事をご覧になっている「あなた」も、

「本当に文章作成をツールに任せて成果が出るなら買おうかな・・・」

と思われていたのではないでしょうか?

でも、もし仮にあなたがそう思われていたのであれば、
僕から「待った!」をかけさせてください。笑

「いきなり待てって言われても意味分かんねーよ!」

このように思われてしまったかもしれませんが、
僕が「待った!」をかけたのには「それなりの理由」があるので、
ぜひ最後までお付き合い頂ければと思います。

それでは早速、本題のレビューに入っていきましょう!

僕が「文章自動作成ツール“PSW ver.2”」に「待った」をかけた理由。

この「PSW ver.2」の文章作成ツールは、

「原文を10個ほどの文節に分けて、1つずつリライトする」

という仕組みによって、文章を構成していく仕組みとなっています。

その例として、以下のような画像が掲載されていたんですが、
あなたはこの文章を見てどのような印象を受けますか?


※クリックで拡大できます。

もし、これらの文章を読んで 違和感を感じないようであれば、
「PSW ver.2」を導入してもそれなりの「満足感」は得られると思います。

でも、少しでも「違和感」を感じるようであれば、
やはり文章作成ツールは使うべきではありません。

自分自身の力で文章を作成した方が、

「人間味のある、親しみやすい文章になる可能性は高い」

からです。

少なくとも僕は、上記の画像の文章を読んでも、
この「PSW ver.2」を欲しいとは思いませんでしたね。

それこそ以下の文章なんかは、違和感だらけだったからです。笑

2.食物繊維にだけ限らず、各種の栄養を含有しており、水を含みますと大体10倍に膨張するという特徴があります。

そもそも「各種の栄養」が何を指しているのか分からないですし、
「水を含みますと」という、話し言葉のような表現もちらほら。笑

まあ、普段から文章を読んでいる人でなければ
この辺の違和感には気付きにくいかもしれませんけど、
やっぱり人が作成した文章と比べてしまうと、
どこか「ぎこちなさ」を感じてしまうんですよね。

なので、正直この「PSW ver.2」を使ってブランディングを図るのは、

「極めて難しいと言わざるを得ない」

というのが僕の見解です。

ただ、この「PSW ver.2」は「メインサイト」を対象にしたものではなく、
あくまでも「サテライトサイト」の記事作成を目的としたものなので、
もしかすると「ブランディング」というもの自体が必要ないのかもしれません。

「サテライトサイトでブランディングなんかできなくても、
 メインサイトのアクセスさえ増えればそれで良い!」

という考え方も一理あるからです。

では、この「PSW ver.2」で作るサテライトサイトによって、
メインサイトの集客力を高める事は出来るようになるのか?

残念ながら、その視点で考えたとしても、

「このご時世じゃ難しいだろうなぁ・・・」

という見解であることに変わりはありません。

「PSW ver.2」の強みでもある「被リンク」の落とし穴。

近年、検索エンジン(グーグル)の精度は日々向上されていて、

「価値のあるコンテンツを上位表示させる技術」

が少しずつ高まってきている状況にあります。

なので、数年前までは「被リンク」を作為的に増やすことによっても、
それなりに「上位表示」を狙うことが出来ていたんですけど、
最近は「スパム」と認識されるリスクが高まりつつあるんです。

なので、PSW ver.2のレターでは被リンクを「特徴」として紹介していますけど、
正直いまのグーグルの技術には「通用しない」と考えた方が良いと思いますね。

仮に、今現在は「作為的な被リンクの増加」によって
コンテンツを上位表示させることが出来ているとしても、

「今後は通用しなくなる可能性の方が極めて高い」

からです。

そもそも、グーグルが「被リンク」を評価の対象としていたのは、

「被リンクが多いサイト→多くの人に紹介されている→価値があるサイト」

という理論があったからなんですけど、
作為的な被リンクの場合、この理論は破綻していますからね。笑

なので、ただ被リンクが多いサイトを上位表示させた所で、
今はもうグーグルにとっても「メリットがない」という事です。

むしろ、価値のないサイトを上位表示させる事で、
グーグルを利用しているユーザーから、

「グーグルで検索してもロクな情報得られないじゃん!」

という不満に繋がってしまう可能性さえある訳ですから、
今後「被リンク」の重要性は落ちていく可能性の方が高いと思いますね。

だからこそ今後は、以下の記事で述べているような、

「ユーザーの心理に沿った本質的なSEO対策」

というものが重宝されるようになるはずです。

SEO対策にはお金が必要なの?最も合理的なSEO対策の具体的な方法。

こういった「SEO対策の本質」を押さえていくためにも、
やはりツールに任せて作成した文章ではなく、
あくまでも読者への「価値提供」にフォーカスした、

「分かりやすく読みやすい、親しみの感じられる文章」

が重要になると言えるのではないでしょうか。

それに、正直な所、ネットビジネスで稼いでいる人の中で、
リライトツールを使っている人なんて聞いたことがありませんから。笑

少なくとも、僕の周りにいるアフィリエイターは、
全員が「自分の文章」で成果をあげていますので、

「“自分の文章で稼ぐ”という感覚を掴むこと」

から始めていくことをオススメします。

文章自動作成ツール“PSW ver.2”のレビュー。まとめ

そんなわけで今回は、PSW ver.2のレビューでした。

やはり、現在のグーグルの技術力などを踏まえると、

  • ボタン1つで作成した「機械的な文章」の記事
  • 作為的な被リンクが多数貼られた記事

などで集客力を高めるのは、

「かなり厳しいんじゃない・・・?」

というのが僕の率直な感想です。

それに、もし仮にツールの力で集客力を高められるのであれば、
今ごろ誰も自分の力で文章を書いていないですよね?笑

でも、未だに多くのアフィリエイターやインフォプレナーが、
自分の力で文章を作成して「集客」や「販売」を行っている。

この現実が「全て」ではないでしょうか。

「ツールで文章が作成できる = 誰が使っても同じ文章になってしまう」

これが、文章自動作成ツールの「現実」だと思いますので、
ネットビジネスという市場において本気で成果を上げたいのであれば、
まずは「自分の文章で稼ぐ感覚」を身に付けることをおすすめします。

決して、難しい文章を書く必要はありませんし、
むしろ「いくつかのポイント」を押さえることさえできれば
普通にネットビジネスで稼げるようにはなりますので、
よろしければ僕のブログ講座やメルマガも参考にしてみてください。

それでは、今回はこの辺で。

東条拓馬

オススメ講座はこちら

アフィリエイトの成果を左右する「説得力のある文章」の書き方。

「売れる文章」を書きたいなら「ラブレター」を思い出せ!

ブログのアクセス数が上がらないなら、まずコレをやれ!

ブログ講座一覧へ