こんにちは、東条です。

僕は、このブログやメールマガジンを通して、

「個人がインターネット上で影響力を持ち、それをお金に変えていくための方法」

について情報発信させてもらっているわけですが、
そのために役立つ「情報商材」も紹介させてもらっています。

つまり、以下のページで紹介させてもらっている情報商材は、

「個人がネット上で影響力を持ち、価値のある商品・サービスを紹介(販売)する」

という目標を達成するためのスキル、テクニックなどを学べるという事です。

おすすめの情報商材一覧

でも、僕はこれらの情報商材を「推奨」してはいるものの、
「購入すれば確実に成果が得られる」とは思っているわけではありません。

情報商材を「購入するだけ」じゃなくて、

  • どのような手順で取り組んでいくか
  • どうやって「自分のメディア」に落とし込んでいくか
  • どうやって「付加価値」をもたらすか

といった点を追求していかなければ、成果には繋がらないからです。

なので今回は、情報商材を購入して「成果」を上げるために必要な、

  1. 取り組み方
  2. 落とし込み方
  3. 付加価値の付け方

という3つのポイントを掘り下げていきたいと思います。

それでは、早速本題に入っていきましょう!

情報商材を買っても稼げるとは限らない!確実に成果をあげる「取り組み方」とは。

もし、あなたが一度でも情報商材を手にした経験があるのであれば、
情報商材が「どういうもの」なのかはお分かり頂けているはずです。

基本的に、情報商材というものは、

「掲げられた目的を達成するためのノウハウが得られるもの」

であり、購入者はそのノウハウを参考に取り組んでいきます。

そのため、理論上は、情報商材に記載されているノウハウを、
順序通りにこなしていけば「成果」をあげられると考えられるんですが、
実際に情報商材を手にして成果をあげている人は、

「言われるがままに、情報商材に記載されていることを実践しているわけではない」

というのが実際のところなんです。

たとえば、サイトアフィリエイトで稼ぐための情報商材があったとします。

当然、その情報商材では「サイトアフィリエイトで稼ぐためのノウハウ」が学べますが、
その「ノウハウ」というのはあくまでも概論的なものでしかありません。

つまり、

「どのような情報を発信していけば良いか」
「どのような記事構成が理想的なのか」

といった考え方を学ぶことは出来たとしても、

「実際に作成していく文章は、一語一句すべて自分で考えなければならない」

ということです。

まあ、言うまでもないと思いますが、

「ここでは〇〇という単語を使いましょう!」
「◯◯というタイトルで記事を作成しましょう!」

みたいなレベルになると、そこに「個性」はなくなってしまいますし、
何より購入者が全員同じ方向性のメディアを作ることになってしまいます。

そんな事をしていても成果には繋がっていかないからこそ、

「ノウハウを自分のメディアに落とし込んでいくこと(オリジナリティを持たせること)」

が重要な作業になるんです。

それこそ、以下の記事でも紹介しているように、
情報発信の「切り口」を変えるだけでもオリジナリティは生まれますし、
そのオリジナリティが「信頼」にも繋がっていくと考えられますからね。

アフィリエイトは「どの立場から意見を述べるか」で成果が大きく変わる!

あとはやっぱり、コピーライティングであったり、
自分なりの言葉選びだったりでも「印象」は大きく変わります。

特に、自分自身をブランディングしていく必要がある場合は、
ブログに自分自身の色が反映される必要があるわけなので、
他の人と同じような言葉遣い、言葉選びをしていても、
自分自身の「個性」が生えなくなってしまうんです。

当然、読者が価値を感じられる情報を発信することが土台にある必要はあるんですが、
その上で「言葉遣い」や「言葉選び」が個性を決めると言っても過言ではありません。

なので、そういう意味では他のアフィリエイターのブログやメルマガは、
あえて「参考にしない」というくらいでも問題はないと思いますね。

僕自身、信頼できるアフィリエイターの情報を読み漁りすぎて、
言い回しがその人に似てきてしまった経験とかもありますので。笑

よって、情報商材を参考にしてコンテンツを作成していく時は、

  • 自分なりの「切り口」で情報を発信していくこと
  • 自分なりの素直な「言葉遣い」「言葉選び」を意識していくこと

この2点を意識するようにしてみてください。

情報商材のノウハウを自身のメディアに「落とし込む」ためのポイントとは。

よく、クライアントさんと話している時に、

「いくら『価値のある情報を発信しろ!』と言われても、
自分の発信している情報に価値があるのか分からないんですよね。」

といった悩みを相談されることがあります。

確かに、アフィリエイト初心者は知識量も多くないので、
自分の発信する情報に価値を感じる人がいるのか、不安になるのも仕方ありません。

でも、確実に言えるのは「誰もが最初は初心者」だということ。

つまり、あなたが少しでも知識を蓄えることができれば、

「その知識を知らない人に対して、情報を与えることができる」

ということなんです。

僕自身も、最初はアフィリエイトに関する知識は0でしたし、
今でもHTMLやCSSに関する知識は0に等しい状況にありますけど、
それなりの見栄えのブログを構築することもできていますからね。

要は、何が言いたいかというと、今現在の知識量なんてどうでも良くて、
どれだけ「知識を蓄えようとする意欲を持っているか」ってことです。

その「意欲」がない人は、情報商材を買ったところで、
自分自身のメディアにノウハウを落としていく事なんて出来ません。

なので、大前提として、情報商材から物事を学ぶという姿勢は、
常に持ち続けるようにしてください。

もちろん、価値のある情報商材であることが大前提ですけどね。笑

(価値のある情報商材を見極める方法については以下の記事をご覧ください。)

価値のある情報商材を見極めるための「2つ」のポイントとは。

そして、実際にノウハウの「落とし込み」を行っていくわけですが、
自身のメディアに上手くノウハウを落とし込めるかどうかを決定づけるのは、

「そのメディアの強み、特徴をしっかりと理解できているか」

という点に他なりません。

メディアの強み、特徴を最大限活かす事を前提に考えた上で、
ノウハウを落とし込んでいくことによって、

「そのメディアの強み、特徴がさらに目立ち始める」

からです。

それこそ、僕のブログであれば、

「スキルやテクニックなど、全てが0の状態から“稼ぎ続ける仕組み”を作り上げる」

という特徴があるわけですから、僕が情報商材からノウハウを落とし込む場合は、

「どうすれば“稼ぎ続ける仕組み作り”のノウハウを分かりやすく伝えられるか」

という点に向けていく必要があるわけですね。

こういったメディアの強み、特徴を把握できていない人は、
情報商材から得たノウハウを落とし込む場所さえ分からない状況なので、
せっかく情報商材から得たノウハウも「水の泡」になりかねません。

したがって、然るべき形でノウハウを落とし込むためにも、
まずは自身のメディアで情報発信を行うことの「目的」について明確にした上で、

「その目的を達成するために必要なノウハウを落とし込んでいく」

という形を取るようにしてみてください。

当然、アフィリエイターとして活動する以上、
利益の追及を行っていくのは至って普通なんですけど、
そのためには対価となる「情報」が欠かせません。

読者が価値を感じられる情報、為になる情報を提供した時に、
初めてその「対価」として利益が得られるという事です。

まあ、これはビジネスの基本であり、本質でもあるんですけど、
中には情報の質を追求せずに「利益」を得ようとしている人もいるので、
「価値提供」はアフィリエイトの土台の部分だと考えてください。

インプットの質を上げるだけでは稼げない。重要なのは「アウトプット」の質と量。

例えば、優秀なアフィリエイターが作成した情報商材があって、
そのアフィリエイターが稼ぐまでのプロセスが全て網羅されているとします。

当然、その情報商材からは「稼ぐまでのプロセス」を学ぶことができるので、

「そのアフィリエイターと同じ方法で稼ぐためのノウハウ」

は確実に網羅できると言えますよね?

でも、その情報商材を読んだ人全員が稼げるようになるかというと、
決してそういうわけではありません。

それは何故かというと、

「稼いでいるアフィリエイターのノウハウをインプットする」

という点まではクリアできても、

「稼いでいるアフィリエイターと同じようにアウトプットできる訳ではない」

からです。

先に述べた通り、メディアごとに「目的」は異なりますし、
それぞれのメディアにおける「強み」も異なります。

なので、他のメディアと同じようにアウトプット(情報発信)をしていても、
それはメディアの「個性」を作り出すための行為にはならないんです。

個性がないという事は、発信する情報に付加価値を付けられていないという事。

だからこそ、情報商材からノウハウをインプットして、
そのインプットした情報を自分なりに噛み砕いた上で、

「自分独自の切り口からアウトプット(情報発信)していく」

という作業が欠かせなくなるんです。

そして、以下の記事でご紹介している方法などを用いて、
読者にその付加価値を「認識」させていくことが出来れば、

「アフィリエイターとしてのブランディングにも繋がる」

と言えるのではないでしょうか。

価値のある情報を発信して、その価値を読者に「認識」させる方法。

言うなれば、

「アウトプットの独自性」

といった所でしょうかね。

つまり、「独自性」を生み出す為には、情報商材を読み流すだけではなくて、

  • 自身のメディアの「目的」を達成する為に必要な情報を選別する
  • 自身のメディアに適した「切り口」で情報をアウトプットする

といった作業が欠かせなくなるという事です。

情報商材のノウハウをそのままインプットしていくだけでは
他のアフィリエイターとの「違い」を生み出すことが出来ません。

まずは、ご自身のメディアにおける「目的」「強み」を明確にした上で、
その「目的」を達成する為に必要な情報をインプットしていき、
メディアの「強み」が最大限に生きる「アウトプット」を行ってみてください。

どれだけ上質な情報商材を購入しても「絶対に稼げる」とは限らない理由。まとめ

そんなわけで今回は、

「情報商材を購入しても確実に稼げるとは限らない理由」

についてお話しさせてもらいました。

極端な話、どれだけ再現性の高いノウハウを「インプット」しても、
それを行動(アウトプット)に移していかなければ結果に繋がりません。

僕のクライアントさんの中にも、その「行動力」が高くない人は多くて、
せっかく情報商材を購入したのに、購入しただけで「満足」してしまう人がいます。

情報商材の質以前に、自分で「アウトプット」をしないと、
成功・失敗かかわらず、行動に対する「結果」は得られませんからね。

少なからず、アフィリエイトで成功する為には
そういった「精神力」の部分にも目を向ける必要がありますので、
ぜひこの機会に「アウトプットの質」にも目を向けてみてください。

それこそ、僕のメールマガジンでは、

  • 稼ぎ続ける「仕組み」を構築するためのノウハウ・テクニック講座
  • 意欲のある人だけを対象にした、確実に成功へ導く「環境」へのご案内

などを行っていますので、よろしければ購読してみてください。

メールマガジンのご案内

それでは、今回はこの辺で!

東条拓馬