こんにちは、東条です。

情報商材アフィリエイトにおいて、
読者のためになる情報を発信する事は極めて重要ですが、
それと同じくらい、もしくはそれ以上に、

「価値のある情報商材を紹介(アフィリエイト)すること」

は重要だと言われています。

もし、読者が価値を感じられない商品を紹介した事が原因で、
読者からの「信頼」を失ってしまった場合、

「自分自身への悪評が広まってしまう」
「その読者から別の商品を購入してもらえなくなる」

などの損失を生んでしまう可能性が高くなるからです。

だからこそ、情報商材アフィリエイトにおいて、
価値のある情報商材の見極めは極めて重要と言えます。

なので今回は、

「価値のある情報商材を見極めるための方法、ポイント」

というテーマで、僕の経験を踏まえながらお話しさせてください。

それでは、早速いってみましょう。

価値のある情報商材を見極めるための方法、ポイントとは?

「そもそも情報商材における「価値」って何なの?」

そんな風に思った方もいるのではないでしょうか。

確かに情報商材はあくまで「情報」に過ぎませんから、
その情報に価値を感じるかは「人それぞれ」と言わざるを得ません。

ただ、適切な集客を行えているアフィリエイターであれば、

「その商品を購入する事がプラスに働く人だけを集める」

というような、言わばターゲットの絞り込みも出来るようになるんです。

極端ですが、既にアフィリエイトで月50万円稼いでいる人に
「アフィリエイトで月10万円稼ぐためのノウハウ」を提示しても、
そんなノウハウに興味を持ってくれるはずがありませんよね?笑

なので、特定の読者が価値を感じられるレベルの
優良な情報商材を見極めることが出来るようになれば、

「その情報商材のノウハウに向いているターゲットを集客する事」

によって確実に売り上げを伸ばしていく事が出来るという事です。

では、そんな「優良な情報商材」を見極めるには、
どんなポイントに目を向けるべきなのか?

正直この判断基準はアフィリエイターによって異なると思いますが、
少なくとも僕自身が情報商材を見極める上で気をつけているのは、

  • セールスレターに「大げさな表現(誇大広告)」がないか
  • その情報商材の「ノウハウ」が多少なりと理解できるレターになっているか

この2点です。

もちろん、実際に購入して中身を確認した上で、
情報商材をレビューすることもありますが、
全ての情報商材をレビューのためだけに購入していたら、
さすがに膨大なお金が必要になってしまいますよね。苦笑

だからこそ、まずはセールスレターに目を通しながら、
実際に購入するだけの価値があるかを見極めるわけです。

正直、この2つのポイントを押さえながら読んでいくだけでも、
ある程度は情報商材の価値を見極める事が出来ますから。

なので、ここからはこの2つのポイントについて
さらに深く掘り下げてご紹介していきますね。

セールスレターが「大げさな表現(誇大広告)」になっていないか

これは稼ぐ系の情報商材に多い傾向にあるんですが、
セールスレターに「甘い誘い文句」ばかりが書かれているような、
いかにも「胡散臭い」セールスレターには注意が必要です。笑

それこそ、

「ほったらかしでも月収100万円!」
「一度ツールを設定すれば、何もする必要はありません」

などのように、とにかく簡単にお金が稼げるというだけ事を
終始アピールしているセールスレターというのは、

「その商材を購入することによって得られる結果」

ばかりを魅力的に紹介している傾向にあり、

「なぜそのような結果が得られると言えるのか?」

という「根拠」は特に掲載されていないんです。

ただ、ネットビジネス初心者の多くは、
そういった誘い文句を素直に信じてしまうため、

「なんか、ネットビジネスって簡単に稼げそうじゃん!」

と勘違いしてしまう傾向にあるわけですね・・・。

僕の経験上、そういったセールスレターの情報商材は、
大抵が「誇大広告」であり、実際の商材内容は
抽象的な言葉で誤魔化されているものばかりなので、
当然そんな商材を購入しても「稼げない」まま終わってしまいます。

そして、そういう苦い経験をしてしまった購入者が、

「ネットビジネスなんて詐欺だからやめたほうがいいよ!」

とネットビジネスを批判的に見るようになってしまうんです。

確かにネットビジネス業界には詐欺的な商品も存在しますし、
詐欺まがいの行為をするアフィリエイターも少なくありません。

ただ、再現性の高い「優良な情報商材」が存在するのも事実です。

それこそ僕が推奨している情報商材なんかは、
ネット上の口コミを検索して頂ければ分かると思いますが、
ほとんどがプラス評価で埋め尽くされていますからね。

なので、今後、情報商材を見極める際は、

「甘い誘い文句で埋め尽くされていないか」

という点に気をつけた上で、もし甘い誘い文句がある場合は、

「そのような結果が得られるという根拠は何か?」

を冷静に見極めるようにしてみてください。

その情報商材の「ノウハウ」が多少なりと理解できるレターになっているか

これも、先ほどの「誇大広告」と繋がるものですが、
それこそ「得られる結果」だけが良いように書かれていて、

「実際にどのような方法で取り組んでいくのか」

が全くわからないセールスレターって結構多いんです。

今でこそ、インフォトップなどの大手ASPに掲載されている商材は、
こういった「楽に稼げる系」の物が少なくなってきましたが、
無料オファーのLPや独自決済の情報商材なんかは、
「得られる結果」だけを良いように書いている傾向にあります。

冷静になれば、「こんなに稼げます!」と言われた所で、
「なんで稼げるって断言できるの?」という疑問が生まれるんですが、
中には甘い誘い文句をそのまま鵜呑みにしてしまう人もいるわけです。

もちろん、それは鵜呑みにしてしまう人が悪いのではなく、
甘い文句で釣っている「販売者」が悪いんですが、
多少なりと警戒心を持っておくに越した事はありません。

それくらい、このネットビジネス業界には、
詐欺まがいの情報商材が多く存在するからです。

それに、本当に再現性の高い情報商材を販売するのであれば、

「方法(ノウハウ)をすべて隠し通すことにメリットはない」

と考えるのが普通だと思いますから。笑

だって、自信を持って販売できるほどのノウハウなら、
そのノウハウの良さを理解してもらうためのレターにしませんか?笑

そのためには、ノウハウの「断片」くらいは提示するべきですし、
実際に高い評価を得ている情報商材のセールスレターでは、

「どのような方法で取り組んでいくのか」

という取っ掛かりは明確に提示してくれているんです。

なので、情報商材のセールスレターを読んでいて、

「結局、この商材はどんな方法で取り組むんだろう?」

と疑問が払拭されないまま終わってしまう商材は、
基本的に「信用しないほうが良い」と思いますね。

少なくとも僕の経験上、そういった情報商材にロクなものは無かったので。笑

価値のある情報商材を見極めるための「2つ」のポイント。まとめ

そんなわけで、価値のある情報商材を見極めるための
2つのポイントについてご紹介させて頂きました。

  • セールスレターに「大げさ」な表現がないか
  • その情報商材の「ノウハウ」が多少なりと理解できるレターになっているか

この2つのポイントを踏まえてレターに目を通していけば、
少なくとも「購入する価値があるか」の判断は出来ますので、
数ある情報商材をふるいにかける為にも有効な手段だと思います。

情報商材をアフィリエイトしていく以上は、
その情報商材の内容をすべて知っておく必要があるため、
推奨の余地がある情報商材は購入する必要があるからです。

すべての情報商材を購入するのは不可能だからこそ、
今回ご紹介した2つのポイントを活用しながら、

「実際に購入して中身をチェックするだけの価値があるか」

をチェックするようにしてみてください。

そして読者さんにお勧めできると判断できたものだけを、
アフィリエイトしていくように徹底すれば、
読者さんからの信頼を失うことは無くなりますからね。

むしろ、その情報商材で読者さんが結果を出すことが出来れば、
より一層信頼関係を深めることが出来ると思いますので、

「いかにして読者さんに結果を出させるか」

にフォーカスしながら、質の高い情報を発信したり、
優良な商材だけをアフィリエイトしたりする事をお勧めします。

ぜひ、今後のアフィリエイトに活かしてみてはいかがでしょうか。

それでは、今回はこの辺で。

東条拓馬

オススメ講座はこちら

アフィリエイトで稼ぐためには「どんな情報」を発信すれば良い?

アフィリエイトのブログ記事はコピペでも稼げる?

無料ブログ講座一覧へ