こんにちは、東条です。

アフィリエイトに取り組んでいる人の多くは、
ブログやサイトなどを運営している傾向にありますが、
それらのメディアを利用している「理由」は間違いなく、

「検索エンジンから良質なアクセスを集めたいから」

ではないかと思います。

ツイッターやフェイスブックなどのSNSでは、
検索エンジンからのアクセスを集められませんからね。

つまり、多くのアフィリエイターたちは、
その「検索エンジンからのアクセス」を増やすために、
色々な形でSEO対策を行っているという事です。

※SEO対策って何?という方はこちらをご覧ください。
SEO対策とは?検索エンジンを利用した集客の方法、仕組み。

そんなSEO対策ですが、多額のお金を投じている人もいれば、
決してお金をかけずにSEO対策を行っている人もいるのが現状です。

そのため、これからSEO対策を始めようとしている人や、
現状のSEO対策が上手くいっていない人においては、

「結局、どの方法が正しいの?」

と迷ってしまう事もあるのではないかと思います。

なので今回は、

「SEO対策にはお金をかけなければならないのか?」

というテーマで、僕の経験を織り交ぜながら、
合理的なSEO対策の「方法」を解説していきます。

よろしければ参考にしてみてください。

SEO対策にはお金が必要?合理的なSEO対策の方法とは。

数年前までは「SEO対策業者」というものが多く存在し、
実際にSEO対策業者に依頼してしまう事で、
高い集客力を得ているメディアが存在していました。

まあ、それは今でも存在しているとは思いますが、
確実にそういった形でSEO対策を行っている人は
少なくなってきているのが現状ではないかと思います。

なぜなら、グーグル社のアルゴリズムは、
ここ数年で一気に進化してきているからです。

SEO対策業者が数多く存在していた頃の検索エンジンは、

「自身のメディアのリンクを貼っているコンテンツの量(被リンク)」

が多いほど検索エンジンにも高く評価される傾向にありました。

読者のためになる情報が盛り込まれているコンテンツは、
必然的に色々な人から「紹介される」傾向にあるため、
その紹介として貼られるリンクが多ければ多いほど、
紹介されたコンテンツは検索エンジンから高い評価を受ける。

これが、一昔前までのグーグルにおいて、

「コンテンツの価値を判断するための指標」

となっていたんです。

ただ、そこに目を付けたSEO対策業者は、

「クライアントのコンテンツの被リンクを増やすこと」

を目的とした事業を行うようになってしまい、
一時期は価値のないコンテンツばかりが
上位に表示されるようになってしまっていました。

グーグルとしても、価値のないコンテンツが上位表示されるのは、

「読者の満足度を下げてしまう要因」

となってしまうわけで、
最悪の場合グーグルを利用するユーザーから、

「グーグルで検索してもロクな情報が得られない」

という印象を与えてしまう可能性があったわけです。

だからこそ、ここ数年の間でグーグルはアルゴリズムを変え、
読者の満足度を高められるコンテンツが上位に表示されるような、
新たな「評価基準」を設けることにしたと言われています。

その新たな「評価基準」が、

  • コンテンツの滞在時間
  • メディアの巡回率

の2つであると言われているんです。

今後のSEO対策は「お金」ではなく「滞在時間」と「巡回率」。

「滞在時間と巡回率ってどういうこと?」

と思われてしまったかもしれませんので、
それぞれ掘り下げてご紹介していきますね。

まず、コンテンツの滞在時間。

これは、あなたが実際に検索エンジンを利用した時を
少し思い返してもらえればお分かり頂けると思います。

調べごとをするために検索エンジンを利用していて、
あなたの求めている情報が載っているサイトを見つけられた時、
そのサイトを閲覧する時間はどのようになるでしょうか?

おそらく、求めている情報が載っているサイトほど、

「時間をかけて真剣に読み込む」

のではないでしょうか。

逆に、求めている情報が載っていないと判断すれば、
すぐに検索結果の一覧画面に戻ってしまいますよね?

つまり、読者の求めている情報が載っていないサイトは、
必然的に「滞在時間」も短くなってしまうという事です。

最近のグーグルは、その「滞在時間」を計測することによって、

「そのコンテンツがどれだけ読者を満足させられているのか」

を上手く判断しているわけですね。

そしてもう1つが、メディアの巡回率。

例えば、検索結果に表示されたコンテンツにアクセスして、
そのコンテンツから自分の求めている情報を得られた時、
あなたが次に起こす「アクション」はどのようなものでしょうか?

おそらく、

  • 知りたかった情報が全て得られたから画面を閉じる
  • 他にも有意義な情報が得られそうだから、関連記事にも目を通す

このどちらかではないかと思います。

ただ、求めている情報を得られなかったコンテンツの場合、
ほぼ確実に画面を閉じられてしまうのは言うまでもありません。

求めている情報を得る為に、まだ別のサイトを探す必要があるからです。

その点、読者に価値を与えられているコンテンツなら、

「このサイト、結構情報が載ってるじゃん!」
「他の記事も見てみようかな」

という新たな「興味」を引き出せる可能性があります。

もうお分かり頂けたかと思いますが、
その「興味」が大きくなればなるほど、

「サイト内を巡回してくれる可能性が高くなる」

という事なんですね。

少なくともこの「巡回率」というものは、
読者の為になる情報が載っていないコンテンツでは
絶対に増やすことが出来ないものと考えられます。

だからこそ、グーグルはコンテンツを評価する指標として、
この「巡回率」を取り入れていると言われている訳です。

そんな「滞在時間」と「巡回率」は、
SEO対策業者に依頼しても簡単に増やせるものではなく、
むしろ読者との信頼関係を築く為にも、

  • いかに読みやすい文章で記事を作成するか
  • いかに説得力のある文章で記事を構成するか

といった根本的な部分が重要であると考えられます。

それこそ、僕がこのブログで掲載している、
「コピーライティング」などは、
SEO対策という観点でも重要なスキルと言えます。

コピーライティングとは?稼ぐために欠かせないコピーの原理原則について

「読者の心を動かす文章」を書く為に必要なのが、
コピーライティングというスキルだからです。

よって、現状のグーグルのアルゴリズムを考える限りでは、
無駄にお金を投じてもそれ以上のリターンが得られる可能性は高くありません。

むしろ、自分自身で「価値のある情報」を盛り込んだ記事を、
1つ1つ丁寧に仕上げていくことに力を注ぐべきではないでしょうか。

キーワードから「読者が何を求めているか」を紐解く

何より、いまのグーグルが求めているのは、
被リンクが大量にあるコンテンツではなく、

「読者のためになる情報が盛り込まれたコンテンツ」

であると考えられる以上、

「求められている情報を盛り込むための努力」

さえ怠らないようにすれば、
SEO対策は「無料」でも十分に可能と言えます。

それに、読者がどんな情報を求めているかは、
「検索キーワード」を逆算して考えていけば、
自ずと見えてくるものですからね。

例えば「ツイッター アフィリエイト 方法」というキーワードなら、
このキーワードで検索を行うユーザーが求めている情報は、

「ツイッターのアフィリエイトで稼ぐための方法」

と考えられますよね?

こんな感じで、キーワードから逆算していけば、
読者が何を求めているかを紐解くのは難しくありません。

なので、ブログ記事を作成する時は、
まず最初に「キーワード」を選定した上で、

「そのキーワードから読者の求めるであろう情報を紐解く」

という作業を欠かさずに行っていく事をお勧めします。

このように、現代の検索エンジンに評価されるための施策は、
特にお金を投じる事なく行っていくことが出来るものなので、
これからアフィリエイトを始めるという方でも問題ありません。

先ほども言った通り、お金を投じるのではなく、

「読者の為になる情報を提供するための努力」

に集中していく方が、将来的に考えても、
大きな「利益」に変わると考えられますので、
まずは情報の質にフォーカスしてみてはいかがでしょうか。

その上で、僕のブログでお話ししている、

  • コピーライティング講座
  • 集客力を高めるための講座
  • 読者さんとの信頼関係を築くための講座

などは極めて実用性があるものだと思いますので、
もし興味があればぜひご覧になってみてください。

そんなわけで、今回は、

「SEO対策にはお金が必要なのか?」

というテーマでお話しさせてもらいました。

現代のグーグルのアルゴリズムを考えても、
特にお金を投じる必要はありませんし、
むしろ「情報の質」を高めるために力を注ぐことが、
何よりも重要であるのは間違いありません。

なので、ぜひ今後ブログ記事を作成する際は、

「読者の求めている情報を提供できているか?」

という点に注意しながら取り組んでみてくださいね。

それでは、今回はこの辺で。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

東条拓馬

オススメ講座はこちら

無料ブログ講座一覧へ