アフィリエイト(DRM)においてLINE@を使うのはアリ?メルマガと徹底比較!

こんにちは、東条です。

ここ数年で、多くの人が「スマートフォン」を使うようになり、
連絡手段も「メール」から「LINE」に変わりつつありますよね。

そのため、ネットビジネス業界においても、
これまでは「メールマガジン」を使用するのが主流だったものの、
最近は「LINE@」を使用する人が増えつつある状況なんです。

確かに、スマートフォンユーザーからしてみれば、
既に「メール」よりも「LINE」の方が馴染み深いかと思います。

それを踏まえると、今後はアフィリエイトにも
「LINE」を使うべきなのでしょうか?

今回はそんな「LINE」にフォーカスして、

「アフィリエイト(DRM)におけるLINE@の有効性」

というテーマでお話しさせて頂こうと思います。

それでは、早速いってみましょう。

アフィリエイト(DRM)には「メルマガ」と「LINE@」のどちらを使うべきか?

ここ数年で、連絡手段はメールからLINEに変わりつつあり、

「もうメールはほとんど使っていない」

という人も決して少なくない状況だと思います。

そのため、アフィリエイターやインフォプレナーの中にも、
メールマガジンではなく「LINE@」によって
情報発信を行う人が多くなってきているんです。

それこそ、メールマガジンではなくLINE@を使って、
僕が行っているDRMを行っている人も少なくありません。

※DRMって何?という方はこちらをご覧ください。
DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)って何?

当然、情報発信にLINE@を使う理由としては、

「メールではなくLINEが主流になってきたこと」

が挙げられると思うのですが、
実際にLINE@を使用している人の多くは、

「LINE@の方が購読率が圧倒的に高い」

という点も「メリット」として主張している傾向にあります。

どういう事かと言うと、基本的にLINEのアカウントは
「1つの電話番号につき1アカウントまで」しか作成することが出来ないため、

「1人1アカウント」

が基本となっているわけです。

しかし、メールアドレスの場合、
GmailやYahooメールなどのフリーメールであれば、
いくつでも作成することが出来てしまいます。

そのため、LINEは、メールアドレスとは違って
仕事とプライベートでアカウントを分けるのが難しい分、
必然的に「開封率」も高くなる傾向にあるんです。

それこそ「メール」の場合は、

  • プライベート用のメールアドレス
  • 仕事用のメールアドレス
  • 特定の人物のメールマガジンを受け取るためのメールアドレス

といった感じで「使い分け」が出来るわけですけど、
LINEの場合はこういった使い分けができません。

多くのアフィリエイターやインフォプレナーは、
これを「LINEのメリット」と捉えているわけなんですが、
果たしてこれは本当にメリットと言えるでしょうか?

少なくとも僕は、

「メリット以上にデメリットの方が大きいのでは?」

と思っているので、今もLINE@は使わずに
メールマガジンを使用しているわけですね。

LINE@は開封率が高いものの、デメリットもある。

「開封率が高いならLINEの方が良いんじゃないの?」

そう思われたかもしれません。

でも、プライベートで使用しているLINEアカウントに
ビジネス(アフィリエイト)関連のLINEが毎日届いたら、
正直「面倒臭い」と思ってしまいませんか?

まあ、送られてくる情報の価値が高くて、
常に満足できるレベルのものであれば話は別ですけど、

「無料だし、とりあえず登録してみるか・・・!」

という程度の意識で登録してしまったLINE@が、
毎日のように「プライベートと兼用のアカウント」に届いたら、
少なくとも僕は「鬱陶しさ」を感じてしまうと思います。笑

つまり、どういう事かというと、
確かにLINE@は「開封率」が高い傾向にありますが、
読者に読まれる確率が高くなる以上は、

「読者の満足度を高められる情報を発信し続けること」

を徹底しなければ、

「解除率される確率も高くなってしまう」

という事です。

もちろん、メルマガだからと言って、
情報の質が低くても良いわけではありません。

いくらメルマガの「解除率」が低かったとしても、
読者のためにならない「質の低い情報」を提供していたら、
読者にメールを「開封」してもらえなくなるからです。

なので、どちらを利用するにしても、
情報の質を追求する必要がある事に変わりはありませんが、
少なくともメルマガの場合は、

「プライベート以外のアドレスでも登録できる」

という選択肢が読者に与えられているので、
登録に対する「ハードル」も低くなっています。

つまり、LINE@の購読率の高さは、言わば「諸刃の剣」で、

  • 登録してもらえれば高い確率で開封される
  • 価値を提供し続けなければ、すぐに解除されてしまう
    →プライベートアカウントのため、登録にも慎重になる

というメリットデメリットがあるという事ですね。

このメリットとデメリットを考えた場合、
僕はやはり「メールマガジン」を利用した方が

「効率的に読者さんを集められるのではないか」

という考えに至りました。

何より、僕のブログに訪問する人の半分は、
スマホではなく「パソコン」からのアクセスなので、
あえて今LINE@を導入する必要もないかな・・・と。

そもそもLINE@はアフィリエイトが禁止されている

そして、これは一番のデメリットというか、
もはや「壁」でしかないと思うんですけど、
そもそもLINE@はアフィリエイトが禁止されています。笑

なので、上手く抜け穴を見つけてアフィリエイトしたり、
DRMを駆使して自身のメディアに誘導したりする事は可能かもしれませんが、
それが原因でLINE@のアカウントが削除される可能性も0ではありません。

それに、メルマガなら「アドレス」をデータとして残せますけど、
LINE@はアカウントが削除された時点でデータも全て消えるわけです。

これは、さすがに「ハイリスク」と言わざるを得ません・・・。

それこそ僕は、ただアフィリエイトで稼ぐのではなく、

「アフィリエイトで合理的に稼ぎ続ける仕組みを作ること」

にフォーカスしているので、リストの損失は、

「数ヶ月分のアフィリエイト報酬を失うこと以上に大きな損失」

と言っても過言ではないからです。

なので、単発的に稼ぐことを目的としているのではなく、
「長期的な利益の獲得」を見据えているのであれば、

「リストを失う可能性があるLINE@はお勧めできない」

というのが僕の率直な意見であり、結論です。

確かに、スマートフォンでのインターネット閲覧者は増え、
LINEというSNSの利用者も多くなっていますけど、
それだけの理由でLINE@に乗り換えるのはどうかと思いますね。

僕自身、この記事はパソコンを使って作成していますし、
そもそもスマホを使って仕事をした事なんてありません。笑

それは、僕だけに限らず多くの人に当てはまる事だと思いますので、
アフィリエイトのみならず「すべてのビジネス」において、
スマホがパソコンのニーズを上回っていく可能性は、

「0に等しい」

と言えるのではないでしょうか。

なので、今回僕がご紹介した「LINEのデメリット」が払拭されない限り、
あえてLINE@を使うことにメリットは無いと思いますね。

もし、LINE@の導入を検討されていたのであれば、
今一度「メリット」と「デメリット」を見つめ直した上で、

「本当にLINE@を導入する必要があるのか?」

という点をハッキリとさせてみてください。

以上、アフィリエイト(DRM)における、
LINE@の有効性についてのお話でした。

東条拓馬

オススメ講座はこちら

アフィリエイトで稼ぐには実績が必要?実績以上の武器を手に入れる方法

DRMで信頼関係の構築を行うために欠かせない3つのポイントとは?

メールマガジンはこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

東条拓馬のプロフィール

お金、学歴、人脈、そのほとんどが0だった男が「稼ぎ続ける仕組み」を構築するまでの経緯を、自己紹介と併せて公開しています。
東条拓馬の詳しいプロフィール

このページの先頭へ