【SEO対策】ブログ記事の文字数は何文字くらいが最適なの?

こんにちは、東条です。

ここ最近、僕のブログ読者さんやメルマガ読者さんから、

「やっぱりブログ記事の文字数って多い方が良いんですか?」
「何文字くらいでブログ記事を作成すればSEO対策に効果的ですか?」

といったブログの「文字数」に関する質問を頂きます。

言われてみると、このブログでは「文字数」に関して、
特に何も言及していなかったので、
今回は「適切な文字数」についてお話ししていきます。

もし、あなたがブログの集客力に悩みをお持ちであれば、
おそらく「改善のきっかけ」を掴んで頂けるはずですので、
ぜひ最後までご覧になってみてください。

それでは、本題に入っていきましょう!

SEO対策として最適なブログ記事の文字数とは?

基本的に、検索エンジン(グーグル)は、

  • 訪問者がブログ内に滞在した時間(滞在時間)
  • 訪問者がブログ内を巡回した数(PV数)

の2点によってサイトを評価していると言われています。

※SEO対策の基本についてはこちらをご覧ください。
SEO対策とは?検索エンジンを利用した集客の方法、仕組み。

なので、この2つを高められるような記事こそが、

「SEO対策に効果的なブログ記事」

であるという事ですね。

それを踏まえた上で先に結論を述べてしまうと、
SEO対策として最適なブログ記事の文字数は、

「記事の質を保てるのであれば、多いに越した事はない」

という事になります。

要するに、記事の質を高める事ができない限りは、
文字数が多くても少なくてもSEO対策として有効ではないんです。

例えば、とにかく文字数を意識して8000文字の記事を作ったとします。

でも、その8000文字の記事を「最後」まで読者に見てもらえず、
最初の2〜3行しか読んでもらえなかった場合などは、
当然その記事に「8000文字」以上の価値は生まれません。

読まれているのは最初の数百文字だけだからです。笑

先ほども言った通り、SEO対策として有効なのは、

  • 滞在時間
  • 巡回率(PV数)

この2点を高められる記事に他なりません。

だからこそ、まずは記事の「文字数」にフォーカスするのではなくて、

「読者のためになる情報を記事に盛り込む事」

を最優先に考えるべきと言えるわけですね。

読者の為になる情報がたくさん盛り込まれている記事であれば、
記事を最後まで読んでくれる可能性も高まるわけですから。

そして、記事を最後まで読んでくれるという事は、

「ブログに滞在する時間も伸びる」

という事であり、そのブログに「価値」を感じてもらえれば、

「他の記事にも目を通してみよう! (巡回率の向上)

という意欲を持ってもらえる可能性も高まると考えられます。

つまり、読者に「価値」を提供する事こそが、
SEO対策にそのまま直結していくという事なんですね。

なので、ブログ記事を作成する際は、
文字数を意識する前にまず「記事の質」にこだわった方が、
SEO対策という観点でも「効果的」だと考えるようにしましょう。

「質の高さ」を前提とした上で、文字数を増やしていく。

「じゃあ、質を重視すれば文字数は少なくても良いってこと?」

そう思われてしまったかもしれませんが、
やはり文字数は「多い」に越した事はありません。

何故かというと、

  • 読者の為になる情報が盛り込まれた「文字数の少ない記事」
  • 読者の為になる情報が盛り込まれた「文字数の多い記事」

では、間違いなく「後者」の方が「滞在時間」は長くなるからです。

どれだけ質の高い記事を作成する事ができても、
その記事が「すぐに読み終わってしまうもの」では、
やはり滞在時間を伸ばす事はできません。

一方、質が高いだけでなく文字数も多い記事であれば、
当然その記事を読み終えるまでに時間がかかるので、
その分「滞在時間」を伸ばす事ができるという事ですね。

ただ、文字数が多い記事の場合は、
読んでいるときに少しでも「価値」を感じられなくなれば、

「画面を閉じられてしまう」

というリスクが伴うのも事実なので、
やはり重視するべきは「読者の満足度」だと考えましょう。

こういった「質」と「文字数」のバランスは難しいところなんですけど、
記事を作成する際の「優先順位」としては以下の通りですね。

  1. 価値のある情報によって読者の満足度を高める
  2. 読者の満足度が下がらないように、文字数(情報量)を増やしていく

こういったイメージで取り組んでいけば、
少しずつ情報の「質」と「量」ともに高める事ができて、
SEO対策として有効な記事を作成できるようになると思います。

なので、最初から無理に「文字数」にこだわる必要はないので、
まずは読者の満足度を高められる記事作りに集中した方が、
後々の「ブランディング」にも繋がっていくのではないでしょうか。

それこそ、僕が行っている「DRM」においては、
情報発信によるブランディングが欠かせませんので、

「記事を読んだ読者の満足度」

という所にフォーカスを当ててみてください。

※DRMについて詳しく知りたい場合はこちら。
DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)とは?

ブログ記事の文字数は何文字くらいがSEO対策として有効なのか。まとめ

そんなわけで今回は、ブログ記事の適切な文字数についての講座でした。

SEOを意識して、無理やりキーワードを挿入したり、
無理やり文字数を稼いだりしている人もいますけど、
SEO対策の本質は「ユーザーの利益」に他なりません。

検索エンジン(グーグル)が、

  • 滞在時間
  • 巡回率(PV数)

の2つを主な評価基準としているのも、

「ユーザーがそのサイトに価値を感じているか」

を調べるためなんです。

なので、まずは読者に「価値」を与える事にフォーカスした上で、
できる限り文字数(情報量)を増やしていけるように意識してみてください。

いくらブログ記事の文字数を増やしていっても、
その記事自体に「価値」を感じられなければ無意味ですからね。笑

ちなみに、その「情報の価値」の高め方については、
こちらの記事などでもお話しさせてもらっているので、
もし興味があればご覧になってみてください。

アフィリエイトで稼ぐ為には「どんな情報」を発信すれば良い?

それでは、また次回!

東条拓馬

オススメ講座はこちら

アフィリエイトってどんな仕組み?構造と方法を理解しよう

SEO対策にはお金が必要なの?最も合理的なSEO対策の具体的な方法。

ブログ講座一覧へ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

東条拓馬のプロフィール

お金、学歴、人脈、そのほとんどが0だった男が「稼ぎ続ける仕組み」を構築するまでの経緯を、自己紹介と併せて公開しています。
東条拓馬の詳しいプロフィール

このページの先頭へ