こんにちは、東条です。

アフィリエイターが集客力を高めるための手段の1つに、
「無料レポート」を利用した集客方法があります。

無料レポートというのは、自身のレポートを「無料」で提供する代わりに、
読者に「メールアドレス」を入力してもらう事によって、
「メルマガ読者」を増やしていく事ができるというヤツですね。

つまり、レポート提供者にもレポート読者にも、

  • レポート提供者・・・メルマガ読者を増やす事ができる
  • レポート読者・・・無料で「それなりの情報」を得る事ができる

というメリットがあるという事です。

そんな無料レポートですが、何故かここ最近インフォトップにおいて、

「メルぞう(無料レポート配信スタンド)のプラチナ会員」

が売れ筋ランキングで上位に食い込んでいる状況にあります。

この「メルぞうプラチナ会員」が上位にランクインしているという事は、
多くのアフィリエイター(インフォプレナー)が、

「無料レポートによるリスト(アドレス)収集にお金をかけている」

と考える事も出来るわけですよね。

でも、そもそも無料レポートによるリスト収集が、
アフィリエイターとして最も「合理的」な方法と言えるのか?

また、多くのアフィリエイターがSEO対策に力を入れている中で、
「無料レポートによるリスト収集」という作業を、
わざわざお金をかけてまで行っていく事に意味はあるのか?

そういった部分の疑問がスッキリしなければ、
無料レポートに投資するべきかどうかの「確信」を得られないと思いますので、
今回は「メルぞうプラチナ会員」のレビューをしていくとともに、

「無料レポートでメルマガ読者を集めるのは効果的なのか?」

という点についても言及していきたいと思います。

アフィリエイター、インフォプレナーにとって、
「集客」は利益を大きく左右する要素だと思いますので、
ぜひ参考にしていただければ嬉しいです。

「メルぞうプラチナ会員」によるリスト収集は効果的なのか?

冒頭でも少しお話ししましたが、無料レポート配信スタンドというのは、
自分の作成した無料レポートを公開するためのサイトであって、
読者はレポート購読と引き換えに「メールアドレス」を入力するという仕組みです。

そして、レポートを公開しているアフィリエイター(インフォプレナー)は、
そこで得たメールアドレスに対して「情報発信」をしていく事で、
後々アフィリエイトや情報販売でのマネタイズを図っていきます。

ただ、こういった基本的な機能に関しては、無料でも利用可能です。

では、月額5,980円の「メルぞうプラチナ会員」になると、
どのような恩恵を受けられるようになるのかというと、

  • メルぞうが会員に発行している「メルぞう通信」でレポートを紹介してもらえる
  • まぐまぐで配信しているメルマガ「エマックス通信」でレポートを紹介してもらえる
  • メルぞうTOPページの「おすすめコーナー」に自分のレポートを自薦する事ができる

などの権利が与えられるようになるため、
必然的に自分が発行した無料レポートの「露出度」も高まっていくんです。

当然、自分の発行する無料レポートの「露出度」が高まるわけなので、
プラチナ会員の方が「リスト収集のスピード」は早くなると考えられます。

でも、単純に「リスト収集のスピード」が早まったからといって、
それがそのまま「利益の増加」に直結するわけではありません。

そもそも、無料レポートによって獲得したリストの大半は、

「“レポート購読用”として利用されているメールアドレス」

であり、

「そのメールアドレスが“メインのアドレス”である可能性は低い」

というのが実情だからです。

無料レポートの落とし穴は、リストの質(読者の購読意欲)が低いこと。

実際に無料レポートを購読した事がある人や、
アフィリエイターのメルマガを購読した事がある人ならお分かりだと思いますが、
プライベートで利用しているメールアドレスに、

  • アフィリエイターからのメルマガ
  • 無料レポート発行者からのメルマガ

などが毎日のように届いたら、正直「鬱陶しい」ですよね?笑

そのため、何個でもアドレスを作成できるGmailなどで、

  • アフィリエイト関連の情報を受け取るためのメールアドレス
  • 無料レポート購読に利用するためのメールアドレス

という風に使い分けている人も多いんじゃないでしょうか。

実際、僕もプライベートと仕事ではメールアドレスを分けていますし、
仕事用のメールでも「重要な情報」と「重要ではない情報」が混ざらないように、
いくつかメールアドレスを使い分けている状況にありますからね。

なので、無料レポートを購読するために、
わざわざ普段から多用しているメールアドレスを入力する人なんて、

「ほとんどいない」

というのが実際のところだと思います。

そして、そういった「捨てアド」に対して
どんなに質の高い情報を発信していっても、

「そもそもメールが開封されない」

という状況が多く生まれてしまうわけですね。

まあ、全員が全員「捨てアド」を利用しているわけではないと思うので、
質の高い情報を発信していけば多少なりと「反応」は得られると思いますけど、
やはりブログを介して登録された読者以上の反応を得ることは出来ません。

ブログから読者登録してくれたメルマガ読者の場合は、
読者自身が「メルマガ購読」を目的にメルマガ登録を行っているため、

「無料レポートの読者以上に、メルマガから物事を学ぼうとする姿勢」

が強い傾向にあるからです。

そもそも、無料レポートにおけるアドレス登録は、

「無料レポートを読むために必要な作業の1つ」

でしかありません。

読者は、無料レポート発行者のメルマガを読むために読者登録したのではなくて、
「無料レポートを読むため」に読者登録という作業を行ったわけです。

そのため、読者としては「無料レポートを読むこと」が目的になるので、
無料レポートを読んだ時点で読者の「目的」は達成された事になります。

もちろん、読者がその無料レポートから「学び」を得られれば、
その発行者に対しても興味を持つ可能性が生まれるので、

「無料レポートの質次第では、メルマガの購読率が高まる可能性も十分にある」

と言えるわけですけど、無料レポートを購読する人たちが
他の無料レポートも同時に購読している可能性は否めません。

なので、いくら質の高い無料レポートによって「価値」を提供する事が出来ても、
自分のメルマガが他のメルマガに埋もれてしまう可能性があるわけですね。

こういった「無料レポートの落とし穴」を踏まえると、
他の無料レポート発行者との「違い」を生み出すためにも、

「自分のメルマガが確実に読まれるような仕掛け」

を施していく必要があります。

その方法の1つとして僕がオススメするのは、

「無料レポート内で、再度メルマガ登録を促す」

という方法です。

他のレポート発行者と「違い」を生み出すには、レポート内で再度メルマガ登録を促す。

仮に、無料レポート内で上質なノウハウを提供して、
読者に「価値」を提供する事が出来ているのであれば、
無料レポートを最後まで読んでくれる可能性も高くなります。

なので、読者が最後まで読み進めた「満足度の高い状態」のときに、

「より上質な情報を受け取る事ができるメルマガへの案内」

という形で、再度メルマガ登録を促していけば、
読者は「重要なメルマガを受け取るためのアドレス」で
メルマガに登録してくれる可能性があるんです。

それが出来た時点で、他の無料レポート発行者から一歩リードした事になりますよね。

仮に、価値のある情報発信が行えていたとしても、
そもそもメルマガが開封されなければ意味がありませんので、
まずは「確実にメルマガを開封してもらうための施策」として、

「レポート内で、再度メルマガへの誘導を行う」

という形を取ることをオススメします。

ただし、このような形で「他のレポート発行者との違い」を生み出せても、
やはりレポート読者の目的は「レポートを読むこと」に過ぎませんので、

「メルマガによるレポート読者との信頼関係の構築」

を行うためには、

「レポートで“価値”を提供して、読者の満足度を高める」

というハードルを越える事が「マスト」だと考えてください。

要するに、無料レポートを活用してメルマガ読者を収集し、
その後のメルマガで「利益」に変えていくためには、

  1. 読者が価値を感じられる無料レポートの作成(価値のないレポートでは無意味)
  2. 無料レポート内で、再度メルマガ登録を促す(他のメルマガに埋もれないアドレスが理想)
  3. メルマガを通じて読者との信頼関係を構築していく

上記の流れで進めていく必要があるという事です。

したがって、いくらメルぞうプラチナ会員になって「露出度」を高めても、
無料レポートによって読者の満足度を高められなければ意味がありませんし、
読者への価値提供とともに「メルマガを埋もれさせない工夫」が必要になります。

もしかすると、メルぞうプラチナ会員になって「露出度」が高まるだけで、

「すぐにメルマガ読者が増えて、なおかつ利益も伸びていく」

と考えてしまった人もいるかもしれませんが、
それは正直「甘い考え」だと言わざるを得ません・・・。

無料レポートの露出度が「利益の大きさ」を決めるわけではなく、
「読者に与える価値の大きさ」で利益の大きさが決まるからです。

なので、価値のある情報を提供できている人であれば、
メルぞうプラチナ会員で「収益」を増やせる余地は十分にありますけど、
まだ情報発信を始めたばかりの人などにはオススメしません。

むしろ、費用対効果を考えると、

「SEO対策を施してブログの集客力を高める事」

に力を注いだ方が「効率面」でも「利益面」でも恩恵を受けられますので。

費用対効果を考えると、無料レポートではなく「ブログ集客」の方が合理的。

それこそメルぞうプラチナ会員の場合、最低でも月5,980円が必要ですけど、
ブログの場合、無料ブログであれば維持費用が0円で済みますし、
ワードプレスを利用するにしても、ドメイン代とサーバー代で月1,000円程度。

こういう単純な「維持費」でも結構な差がありますけど、
僕としては「リストの質」に大きな差がある事こそが一番のポイントだと思っています。

先ほども少し触れましたが、ブログ集客の場合、
基本的に読者が自ら「検索エンジン」を使用して検索を行い、
情報を求めてブログにアクセスしてくるわけです。

そういった「悩みを抱えた読者」が検索を行った場合、
検索エンジンにヒットする記事は「悩みに関連する記事」なので、

「読者の悩みを解消できる可能性が高い」

と言えます。

この辺の仕組みに関しては、以下の記事で詳しく紹介していますが、
読者は基本的に「キーワード」を打ち込んで検索しているので、
そのキーワードに関連した情報が上位に表示されるわけですね。

SEO対策とは?検索エンジンを利用した集客の方法、仕組み。

よって、検索エンジンからの集客は、無料レポートによる情報発信よりも、

「ピンポイントに読者の悩みを解決できる可能性が高い」

と言えるんです。

そして、読者の悩みを解消した上で新たな「疑問」や「興味」を引き出して、
その「答え」となる情報をメルマガで解決していくという流れを取れば、
読者は「メルマガで学ぶ事」を目的にメルマガ登録する可能性が高まります。

無料レポートの読者は「無料レポートを読む事」が目的だったのに対して、
ブログに訪問した読者は「メルマガで学ぶ事」が目的になり得るので、

「ブログから誘導したメルマガ読者の方が、メルマガの購読意欲も高い」

という事は、もはや火を見るよりも明らかではないでしょうか。

当然、真剣にメルマガを読んでくれる読者に「価値」を提供した方が、
読者から得られる「信頼」も大きくなると言えますので、

「ブログから誘導したメルマガ読者の信頼を集めた方が“利益”にも直結しやすい」

と考えられるんです。

まあ、ブログ集客の場合は無料レポートと違って、

「SEO対策による上位表示」

が最低限必要になってくるわけですけど、
その部分を攻略した時の「費用対効果」は計り知れません。

以下の記事でもお話しさせて貰っているように、
SEO対策は基本的に「無料」で行う事が出来るからです。

SEO対策にはお金が必要?最も合理的なSEO対策の具体的な方法。

これらを踏まえると、あえて「メルぞうプラチナ会員」にならなくても、
無料で費用対効果抜群のリスト収集を行えるわけなので、
一度「SEO対策」と向き合ってみる価値はあるんじゃないでしょうか。

どんな手段を選ぶにしても、現代のインターネットビジネスにおいて、
「価値のない情報」で集客力を高める事なんて出来ません。

せっかく「情報の質」を求めるなら、SEO対策にも目を向けた方が
遥かに「効率的」かつ「合理的」だと思いませんか?

少なくとも僕は、そのような考えのもとでブログを運営していますし、
あえてリスト収集にお金をかけなくてもメルマガ読者は継続的に増えているので、
ぜひビジネスの本質を見据えた上で「メルマガ収集」を行ってみてください。

「メルぞうプラチナ会員」のレビュー。まとめ

そんなわけで今回は、メルぞうプラチナ会員のレビューでした。

決して、メルぞうプラチナ会員の仕組みに問題があるわけではありませんが、
そもそも無料レポート自体が「上質なリストは収集できないもの」なので、
もし「メルぞう」をはじめとする「無料レポートスタンド」を利用するにしても、

  • 無料レポートの仕組み上、質の高いリストは望めない事
  • 他のメルマガに埋もれてしまう可能性が高い事
  • 有料サービスに加入して「レポートの露出度」が増えても、利益に直結するわけではない事

などは、あらかじめ覚悟しておかなくてはなりません。

そのため、「レポートに価値を持たせる事」が必要不可欠になるわけですが、
それは当然「ブログでの集客」においても共通して言える事です。

どのような形でメルマガ読者を集めるにしても、
読者の満足度を高められない限りメルマガは読まれないからです。

ただし、読者に価値のある情報を提供して「満足度」を高められるなら、
無料レポートではなく「ブログ」を活用して集客を図った方が、

  • 費用対効果
  • リストの質
  • 見込める利益

上記3つのすべてが「プラス」に働いてくれるので、
この機会にブログ集客にも目を向けてみる事をオススメします。

それこそ僕のメルマガでは、

「アフィリエイトの仕組み化(不労所得化)」

をテーマに、その戦略を順序立てて解説していますので、
よろしければぜひご覧になってみてください。

無料メールマガジンはこちら

それでは、今回はこの辺で!

東条拓馬

オススメ講座はこちら

メールマガジンの読者を合理的に集める方法3選。

ワードプレスを開設するならワードプレスがお勧めな理由。

ブログの集客力(アクセス数)が上がらないなら、まず「コレ」をやれ!

ブログ講座一覧へ