こんにちは、東条です。

これは、どんなビジネスにも言えることですが、
何かしらの「商品、サービス」を販売する以上は、
まず「見込み客を」集めなくてはなりません。

その「集客」を行うことが出来ない限り、
どれだけ質の高い商品を販売していても、
その商品が人の目に触れることは無いからです。

そしてそれは当然、アフィリエイトにも言えることなので、
今回はアフィリエイトで稼ぐ金額を増やす為には欠かせない、

「集客力の高いメディア構築の方法」

についてご紹介していくと共に、
高い集客力を得るための代表的な施策でもある、

「SEO対策」

というものについて言及していきたいと思います。

それでは、早速いってみましょう。

SEO対策って何?SEO対策の基礎と、主な方法について。

アフィリエイトにおける「集客の入り口」には、
様々なメディアが存在すると思いますが、
その中でも比較的多くのアフィリエイターが、

「ブログを活用した、検索エンジンからの集客」

を行っている傾向にあります。

というのも、ヤフーやグーグルなどの検索エンジンには、
キーワード検索によって情報を素早く調べられるという特徴があるため、
ツイッターやフェイスブックなどのSNSから集めた見込み客よりも、

「物事を知りたいという気持ちが強い=意欲的」

と考えられるからです。

つまり、検索エンジンから集客するユーザーは、

「アフィリエイトを成約できる可能性が高いユーザー」

とも言えるという事です。

そんな、ブログを活用した検索エンジンからの集客において、
多くのアフィリエイターが労力を費やしているのが、

「SEO(Search Engine Optimization)対策」

というもの。

直訳すると「検索エンジン最適化」でしょうか。

なので、作成した記事を「検索結果の上位」に表示させる為の施策を、
この業界では「SEO対策」と呼んでいるわけですね。

では、その「SEO対策」によって集客力を高めるためには、

「具体的に何をすれば良いのか?」

という事を、ここからさらに掘り下げて説明していきます。

キーワード選定と、自然な形でのキーワード挿入

基本的に検索エンジンを利用するユーザーというのは、

「自分の調べたいキーワード」

を入力することによって欲求を満たそうとします。

それこそ「ダイエット」についての情報を求める人なら、

「ダイエット」

というキーワードで検索を行うと思いますし、
もう少し詳しく「ダイエット中の食事」について知りたい人なら、

「ダイエット 食事」

という風に、複数のキーワードを入力することで、
自分の求めている情報を見つけようとするはずです。

おそらく、あなたも日々の生活の中で、
このような検索を何気なく行っていたのではないでしょうか?

つまり、そういったキーワードで検索された時に、
いかに自分の記事を検索結果の上位に表示させることが出来るか?

それが、SEO対策において極めて重要な要素なんです。

そんな「狙ったキーワードでの上位表示」を実現するためには、

「キーワードを含んだ記事の作成」

が必要不可欠だと言われています。

なので「アフィリエイト 方法」というキーワードで、
検索エンジンでの上位表示を狙いたいのであれば、
実際に「アフィリエイト」「方法」という2つのキーワードを、
自然な形で文章に入れる必要があるという事ですね。

ただ、ここで注意しなくてはならない点が1つ。

それは、

「あくまで自然な形でキーワードを入れること」

を意識しながら記事を作成する必要があることです。

中には、

「1記事に20個以上キーワードを入れましょう」

と言っているアフィリエイターもいますが、
正直その考え方は「合理的」とは言えません。

というのも、あくまで検索エンジン側が求めているのは、

「読者の満足度を高められる記事」

であり、記事内に含まれているキーワードというのは、

「その記事が検索キーワードと関連性のあるものか」

を判断する為の「指標の1つ」でしかないからです。

なので、どれだけ意識的にキーワードをたくさん使っても、
それが読者にとって「価値のある記事」でなければ、
検索エンジンからは評価してもらえないんです。

従って、記事を作成する上での優先順位としては、

  1. まず読者のためになる情報を多く盛り込む
  2. その中で、キーワードを自然な形で盛り込んでいく

という順番で構いません。

また、記事内の「本文」に関しては自然な形で入れれば良いのですが、
記事の「タイトル」には絶対にキーワードを盛り込むようにしてください。

グーグルやヤフーの検索結果に表示されるのは、
本文ではなく「記事のタイトル」だからです。

その「記事タイトル」にキーワードが含まれていないと、
キーワードを入力して検索しているユーザーから

「この記事には有益な情報が載ってなさそうだな・・・」

という印象を与えてしまう可能性もあります。

なので、

「記事タイトルへのキーワードの挿入」

は徹底するようにしてみてください。

また、記事を作成する場合には「本文」だけではなく、
「小見出し」も利用することになると思いますが、
この「小見出し」にもキーワードが含まれていると、
比較的SEO対策として効果があると言われています。

基本的に、検索エンジンを介して訪問するユーザーは、
記事の冒頭文から熱心に読み込んでくれるわけではありません。

むしろ「流し読み」程度のユーザーの方が多い傾向にあり、
その流し読みの中で「これだ!」と思える情報が見つかった時に、
初めて冒頭からしっかりと読み込んでくれる傾向にあるんです。

そんな「流し読み程度のユーザー」に対しては、
本文よりも小見出しの方が目に留まりやすいので、

「小見出しにもキーワードを使って関連性をアピールする」

という方法も取り入れてみる事をお勧めします。

出来るだけ簡潔に「結論」を提示してあげる

そして2つ目ですが、これも「読者の満足度」を高めるためには、
絶対に欠かすことのできない要素だと言えます。

先ほども少しお話ししましたが、
基本的に検索エンジンを介して訪れるユーザーというのは、
最初から最後まで熱心に読み込んでくれる訳ではありません。

むしろ、記事の冒頭文を呼んで、

「この記事には使えそうな情報が載ってないだろうな・・・」

と思われてしまった時点で、
その読者は他の記事を探し始めてしまうんです。

そのため、出来る限り記事の「冒頭部分」で、

「この記事には為になる情報が載ってる!」
「この記事には為になる情報が載ってそう!」

と思わせなくてはなりません。

基本的に検索エンジンは、

  1. 「訪問者がブログ内に滞在している時間」
  2. 「訪問者がブログ内を巡回した数」

によって、ブログの価値を決めていると言われています。

そのため、記事の冒頭部分を読まれただけで、
すぐに画面を閉じられてしまうのは、
SEO対策的にも非常に「マイナス」なんです。

「ってことは、とにかく結論を先に書いた方が良いの?」

そう思われてしまったかもしれませんが、
必ずしも冒頭部分で結論を述べてしまうことだけが、
SEO対策的にプラスになるとは限りません。

それこそ、なりふり構わず結論を先に述べていると、
記事の構成、流れによっては、

「その後の文章を読む目的がなくなってしまう可能性」

も高くなってしまうからです。

なので、僕がお勧めしているのは、

  • 冒頭文で結論を述べてしまい、本文で「理由、根拠」を述べる記事
  • 「求めている情報が得られそう!」とイメージさせる冒頭文で構成する記事

この2つの記事の「構成」ですね。

例えば、「風呂上がり ストレッチ 効果」というキーワードの場合。

おそらく、このキーワードで検索する人が求めているのは、

「風呂上がりのストレッチは効果があるのか?」

という情報ですよね?

ですから、この場合の「結論」に当たるのは、
「効果があるのか、ないのか」になる訳ですが、
仮に「効果がある」という結論を述べたとしても、

「なぜ風呂上がりのストレッチは効果があるのか?」

という理由までを掘り下げなければ、
結論に対して「共感」は得られないはずです。

なので、こういうキーワードの場合は、

「先に結論を述べた上で、プラスアルファの情報を提示する」

という情報提供の流れがSEO対策的にも有利と言えます。

逆に、「アフィリエイト 方法」などのキーワードの場合。

このキーワードで検索する人が求めているのは、

「アフィリエイトで稼ぐための方法」

だと思います。

そのため、冒頭で簡潔に「結論」として述べることは出来ませんよね?

だからこそ、こういう場合には冒頭文で、

「この記事にはこんな情報が掲載されていますよ!」

というような、

「読者の欲求を満たせる情報が掲載されていることを示す文章」

によって、興味を引き出すのが効果的と言えるんです。

こんな感じで、冒頭文をうまく使い分ければ、
読者が記事を最後まで呼んでくれる可能性も高められるので、
ぜひこの「冒頭文」も意識するようにしてみてくださいね。

SEO対策とは?検索エンジンを利用した集客の方法、仕組み。まとめ

そんな訳で今回は、SEO対策についての説明と、
SEO対策の主な方法についてご紹介させて頂きました。

アフィリエイトで稼ぐ為にSEO対策は欠かせない要素ですが、
やっぱりブログ記事を作成する上で一番大切なのは、

「いかに読者の為になる記事を作成できるか」

に尽きると思います。

なので、もちろんキーワードも重要ではありますが、
それは「読者のためになる情報」という土台があって、
始めて成り立つ要素でしかありません。

なので、もし今後SEO対策を考えながら記事を作成するときは、

  1. 自然な形でタイトルや本文にキーワードを盛り込むこと
  2. 「この記事を読んでみよう!」と思える冒頭文を構成すること

この2つを意識してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、冒頭文の構成としては、

  • 冒頭文で結論を述べ、プラスαの情報を本文で与えていく(理由、根拠など)
  • 読者に「求めている情報が得られる」というイメージを膨らませる冒頭文

という2つがありますので、結論を先に述べるべきなのか、
それとも先に述べるべきではないのかを見極めながら、
記事の流れを構成するようにしてみてください。

というわけで、SEO対策の主な方法についてでした。

今回お話ししたポイントを押さえて記事を作成するだけでも、
大幅に集客力を向上させることが出来ると思いますので、
ぜひ今後のブログ記事作成に活かして頂ければ嬉しいです。

それでは、また次回。

東条拓馬

オススメ講座はこちら

SEO対策にはお金が必要なの?最も合理的なSEO対策の具体的な方法。

無料ブログ講座一覧へ