こんにちは、東条です。

僕はブログとメールマガジンを活用した「DRM」によって、
主に情報商材アフィリエイトを行っているのですが、
過去には別のアフィリエイトにも取り組んできた経験があります。

※DRMって何?という方はこちらをご覧ください。
DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)って何?仕組みと方法の解説。

ツイッターアフィリエイトやFacebookアフィリエイト、
そしてトレンドアフィリエイトにも取り組んだことがあります。

一応、これらのアフィリエイトでも
多少なりと成果をあげる事が出来ましたが、
今は「DRM」に落ち着いている感じですね。

なので、DRMアフィリエイト以外のノウハウも
それなりに持ち合わせているわけなんですが、
僕は正直「トレンドアフィリエイト」に肯定的ではありません。

「え?トレンドアフィリエイトは初心者でも稼ぎやすいって聞いたけど!」

そう思われてしまった方もいると思いますが、
トレンドアフィリエイトが初心者でも稼ぎやすいというのは、

「非常に危険な考え方」

だと思っているんです。

なので今回は、僕がトレンドアフィリエイト肯定派ではない理由や、

「初心者が最初に取り組むべきアフィリエイトの種類」

などについて、僕なりの見解を述べさせてもらおうと思います。

それでは、早速いってみましょう。

「トレンドアフィリエイトは初心者でも稼ぎやすい」という言葉の落とし穴。

ここ最近、非常に多くのアフィリエイターが、

「トレンドアフィリエイトは初心者でも稼ぎやすい」

とトレンドアフィリを推奨している傾向にあります。

それは何故かというと、トレンドアフィリエイトは、

「時事ネタで記事を作成するためライバルが少ない」

という特徴を持っているからです。

それこそ、今日起きたニュースであれば、
そのネタで記事を作成している人はまだ多くないものの、
ニュースに対する「注目度」は極めて高い傾向にあるため、

「爆発的にアクセス数を伸ばす事ができる」

という魅力を持っています。

要は、世間の注目度(需要)は極めて大きくなっているものの、
その需要を満たすだけの「供給(コンテンツ)」が存在しない状態。

その状態をうまく利用して爆発的にアクセス数を増やし、
グーグルアドセンスによってクリック報酬を稼いでいくのが、
トレンドアフィリエイト最大の「特徴」なんです。

この「ライバルの少なさ」が最大の魅力と言えるため、
多くのアフィリエイターはトレンドアフィリエイトを

「初心者でも稼ぎやすいビジネス」

としてお勧めしている傾向にあるわけですね。

なので僕も、トレンドアフィリエイトの「競合」の少なさや、
爆発的にアクセス数を伸ばす事ができる点などに関しては、
他のアフィリエイトでは得られない「旨み」だと思っています。

ただ、その「旨み」があるからと言って、
初心者でも稼ぎやすいビジネスと言えるのか?

そう問われると、

「正直、初心者でも簡単に稼げるほど甘くはないよ・・・」

と言わざるを得ないのが実際の所なんです。苦笑

何故かというと、今やトレンドアフィリエイトを行なっている
「トレンドアフィリエイター」は非常に多く存在しますし、
時事ネタを扱うメディアを構築する企業も参入しているため、

「ただ適当にコンテンツを作成しただけではアクセス数を増やせない」

という状況になってきているからです。

トレンドアフィリエイトにも「記事の質」が求められる時代。

トレンドアフィリエイトは商品を販売するわけではなく、
「アクセス数」を増やすことによってアドセンス報酬を稼げば良いので、

「商品を売るための文章を書く必要がない」

という所から、

「文章を書くのが苦手な人でも取り組めるビジネス」

という捉え方をされてきました。

まあ、それは決して間違ってはいないんですけど、
今や数多くの「ライバル」が存在してしまっている以上、

「たとえ時事ネタを扱う記事でも、確実に上位表示させられる保証はない」

というのが現状なんですね。

だからこそ、グーグルに評価されるような、

「読者の満足度を高められるコンテンツ」

を作成しなければならないわけなので、
2017年現在のトレンドアフィリエイト市場において、

「初心者でも比較的簡単に稼げる」

という考え方はもはや「通用しない」と考えた方が良いと思います。

それこそ、僕が最も重要視している「コピーライティング」は、
今やトレンドアフィリエイトにも欠かせないスキルなのではないでしょうか。

コピーライティングによって「読者の心を動かすこと」が出来なければ
読者の「記事に対する満足度」を高めることもできなくなり、
検索エンジンからの評価にも悪影響を与えてしまうからです。

※コピーライティングについて詳しく知りたい方はこちら。
コピーライティングとは?稼ぐために欠かせないコピーの原理原則について

そして何より、トレンドアフィリエイトには、
爆発的にアクセス数を増やせるという魅力がある反面、

「継続的にアクセスを集めることは出来ない」

という「欠点」があることも、
僕がトレンドアフィリを推奨しない理由の1つと言えますね。

トレンドアフィリ最大の欠点。それは「稼ぎ続ける仕組み」が構築できないこと。

基本的に僕がいま管理しているアフィリエイト媒体は、
すべて「DRM」を取り入れていますので、

「多少ブログを放置しても自動でアフィリエイト報酬が得られる状態」

を維持する事が出来ています。

それは何故かというと、

  1. ブログ記事1つ1つが検索エンジンからアクセスを集める
  2. 検索エンジンからのアクセスをメールマガジンに誘導する
  3. 自動化されたステップメールで読者との信頼関係を築く

このような一連の流れを作り出しているからなんです。

これは当然、時事ネタによって一時的なアクセスしか呼び込めない
トレンドアフィリエイトでは到底不可能な手法ですし、
読者さんとの信頼関係の構築を自動化させるのは、
メールマガジンを使用しない限り「不可能」と言わざるを得ません。

なので、トレンドアフィリエイトは、

「爆発的にアクセスを集めてくれる記事の作成」

という作業を継続しなければ稼げないわけです。

時事ネタである以上、その話題がピークを過ぎてしまえば、
記事にアクセスする人も居なくなりますからね。

でも、僕のブログのように「常に検索されているキーワード」によって、
検索エンジンから評価されるコンテンツを1つ1つ積み重ねていけば、

「常に検索エンジンから一定数のアクセスが集まるブログ」

を構築することも可能になるんです。

もちろん、トレンドアフィリエイトよりライバルは多いので、
その分コンテンツ作成に力を注がなければなりませんが、
アフィリエイトにおける「長期的な利益」を考えた場合、

「どちらの記事がより多くのお金を生むか」

はもはや明白ではないでしょうか?

だからこそ、僕は「アフィリエイトで稼ぎ続ける仕組み」を作るためにも、
あなたの為になる情報を提供することに力を入れているという事です。笑

まあ、これは正直「好み」の問題かもしれませんが、

  1. 使い捨て感覚で記事を作り続けるトレンドアフィリ
  2. 集客し続ける「資産」としてコンテンツを丁寧に作り上げるDRM

このどちらを選ぶか、という感じでしょうか。

もちろん、トレンドアフィリにはトレンドアフィリの良さがありますが、
少なくとも僕には「一度作成した記事は資産になる」という考えがあるので、
後者の「DRM」の方が長期的な利益を見据えた上でも「オススメ」ですね。

「トレンドアフィリエイトは初心者でも稼ぎやすい」という言葉の落とし穴。まとめ

そんなわけで今回は、

「トレンドアフィリエイトは初心者でも稼ぎやすい」

という説の「真相」についてお話しさせてもらいました。

トレンドアフィリでも「記事の質」を高めれば普通に稼げますが、
やはり「時事ネタ」という特性がある以上、長期的な利益は望めません。

そう考えた場合、僕の推奨しているDRMであれば、

「一度作成した記事からアフィリエイト報酬が生まれ続ける状態」

を作り出すことも普通に「可能」なので、
やはりDRMの方がメリットは多いと思います。

もちろん、その「稼ぎ続ける状態」を作り出す為に、
それなりの努力が必要となるのは言うまでもありませんが、
その努力に見合うだけの「リターン」は十分得られるビジネスなので、
ぜひこの機会に「DRM」にも目を向けてみてはいかがでしょうか。

それこそ僕のブログ講座やメールマガジンでは、
DRMで稼ぐ為に必要な情報を「無料」で公開していますので、
よろしければ他の講座もご覧になってみてください。

以上、

「トレンドアフィリは初心者でも稼ぎやすい」

という言葉の「落とし穴」についてでした。

東条拓馬

オススメ講座はこちら

アフィリエイトで月収100万円稼ぐために「欠かせないもの」とは?

「アフィリエイトって簡単に稼げそうだな」と思っているあなたに伝えたい事。

無料ブログ講座一覧